このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 03-4446-1317
受付時間:平日9:00~17:00

小さな小さな会社のおじさん社長・井ノ口英明と話しませんか?
オンライン座談会 Part1
テーマ:SDGsについて
2021年12月4日13:00~

井ノ口英明と申します。ココロ・ヅクリ工房(株)という企業の体質強化や研修などをやっている会社の社長です。小さな小さな会社です。
最近では、SDGsの研修も増えましたが、40代、50代の大人の本気度があまり上がっていないです。たぶん、企業として、何をやっていいのか、分かっていない、そんな状況なのかなと思っています。
 そこで、このおじさん社長に、学生さん、若い人の柔軟なアイデアで力を貸して頂きたいと思い、座談会を開きたいと思いました。

日時は、下記を参照ください。
オンラインツールは、Zoomを使います。


入退室は自由です。途中入場、途中退席、構いません。
そういう時間にしますので、是非、ご参加ください。

イベント情報

オンライン座談会 Part1

実施日:2021年 12月04日 13:00〜15:30
方法:Zoomにて、入退室自由、途中参加OK
参加費:無料

当日のZoomのURLをお送りしますので、下記よりお申し込みください。

今回の座談会開催の背景

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連のサミットで世界のリーダーによって採択された、国際社会共通の2030年までに実現したい目標です。
 最近だと、グレタ・トゥーンベリさんのような、環境に関してちょっと厳しくものを言う活動をされている人もいますが、温暖化対策に、前向きなEU、ちょっと後ろ向きなアメリカ、中国、インドなど、人権問題に前向きになっては困る国、北朝鮮、中国、ロシアなどの社会主義、共産主義などの国もあり、国によっても受け止めや姿勢は様々です。
 日本はと言うと、2020年、2021年とCOP会議の場外で、不名誉な化石賞に選ばれるなど、温暖化対策には後ろ向きな国という印象を持たれています。
しかし、SDGsが警鐘を鳴らす問題は、持続可能性、つまり、”今が良ければいいよね”ではなく、”今、少しだけ我慢したら、この先までいい状態で過ごせるよね”というものです。
 特に、若者世代、小学生から教育の中に、SDGsが組み込まれていますが、おじさんたちは、このSDGsの大切さをどう感じて、どう行動すればいいのか、分かっていません。特に、行動変容をしなくてはいけないものに関しては、人間は弱く、変化したくないのが大人の本音です。だけど、このままでいいはずもなく、特に、日本もいち早く変化に敏感になって、社会をいい方向に変えるメンバーの一員になって欲しいと、私、小さな会社のおじさん社長は考えています。
 そこで、若い人たちからおじさんへ、行動を変える働きの一環として、今回の座談会を企画しました。

議題

・下記を聞いてみたいです。
①SDGsをおじさん世代に広めるには?
②SDGsをレゴブロックで考えるイベントを実施するとしたら、参加してみたいですか?

議題① おじさん世代にSDGsを広めるには?

SDGsと言われても、何をやっていいのか、分からないおじさんたち・・・
最近、SDGsがホットなニュースになっています。
小学校~高校まで、授業では、もうすでに導入されてきています。
環境負荷を減らす、人を大事にする、平等とは何か、みんなでより良い社会を回すためには・・・?
考え始めていますね。

 ところが、競争社会、いい大学、いい会社に入ることを考えてきた今のおじさんたち。特に、バブル経験組は以前の世代、今の50代、60代は、SDGsにピンと来ない世代です。また、その影響を受けてきた、40代、30代の世代も、”分かってはいるものの・・・”で、何をやっていいのか。
そんな企業戦士が多いのです。
この世代に、SDGsに真剣に取り組んでもらうためには、どうすればよいのか?
何をすればよいのか?
みんなで考えませんか?

議題② SDGsをレゴブロックで考えるイベントを実施するとしたら、
参加してみたいですか?

学生の皆さんに、単純に質問したいです。
私は、レゴ🄬シリアスプレイ🄬メソッドというレゴ®ブロックを使って、問題解決をお手伝いするファシリテーター資格を持っています。
もし、レゴ®ブロックを使って、SDGsの社会課題を考えるワークショップを開催した場合、参加してみたいですか?
その際、SDGsの17個のうち、どんなテーマなら、参加したいですか?

簡単に、レゴ🄬シリアスプレイ🄬メソッドについて、説明します。
あるテーマ(お題)に、頭で考えるよりも、手を動かしながら、短時間でレゴ®で作品を作ります。その作品を、今度は考えながら説明する、言語化することで、潜在意識を使って、問題に対処する力を引き出すメソッドです。
個人の深い内省と思わぬ気付きが得られます。
NASAをはじめ、世界中の先進的な企業が導入し始めているメソッドです。

講師情報

井ノ口 英明
略歴)
 大・中・小の企業を経験し、エンジニアから企画管理、イノベーション推進まで幅広い職種を経験。
 元大手素材メーカー(AGC)のエンジニア、生産技術/生産性革新推進部門マネージャー、設備導入や設備開発・保全、ISO対応、IE(改善手法)&データサイエンス活用、工場の支援活動など多岐にわたる経験が強み。
その傍ら、
レゴ🄬シリアスプレイ🄬メソッドを活用した組織活性化ワークショップをAGC内に展開し、レゴ🄬シリアスプレイ🄬をAGCに導入、定着させた心優しきビジネスパーソンの一人。
保有資格)
・心理カウンセラー
・レゴ🄬シリアスプレイ🄬メソッド及び教材活用ファシリテーター
・アンガーマネジメントファシリテーター
・2030SDGsカードゲームファシリテーター
・だじゃれ活用講座ファシリテーター
などココロを強く豊かにする資格多数。

Q&A

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • Q1.オンラインのようですが、顔出しは必要ですか?

    可能ならば、顔を見せて頂ければと思います。どうしても・・・という場合には、顔を隠してもOKです。
    参加者に、自分事としてアイデアを出して欲しいですし、おじさん社長としては、しっかりとしたご意見を頂けると助かります。
  • Q2.飲み物やおやつなど食べながらの参加でもよいですか?

    もちろんです。ただし、お酒は控えて欲しいです。でも、酒飲まないと意見が出せません、という方、認めます。
    自分の好きなスタイルで参加できるのが、オンラインですから、自由に参加してください。
  • Q3.途中参加、途中退席OKですか?

    もちろんです。ふらっと来て、ふらっと退出、何度でも構いません。
    でもね、参加するからには、何か爪痕を一つ残していって欲しいな、と思います。
  • Q4.参加申し込みすると、後から宣伝や勧誘など、しつこいメールや連絡が来ませんか?

    基本的に、イベントはSNSで募集をかける予定ですので、こちらからは、営業の告知・宣伝などは、しません。
    こちらから、一つだけ、参加して、どうだったかのアンケートのURLをお送りします。ご協力願います。
    また、同様のイベントを行う際に、チェックできるように、Twitter、Instagram、Facebook、LINEなど、SNSでの友達申請やフォローなど、お奨めします。
  • Q3.途中参加、途中退席OKですか?

    もちろんです。ふらっと来て、ふらっと退出、何度でも構いません。
    でもね、参加するからには、何か爪痕を一つ残していって欲しいな、と思います。

申し込みフォーム

連絡先の記入は、いずれか一つで構いません。こちらから、オンラインへのアクセスURLをお送りするために使用します。よろしくご協力ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。